白い錠剤

注意すべき飲み方

瓶から出ている錠剤

実際にあなたもセレコキシブを使って痛みを治していきたいところでしょう。今回はそんな人のために、飲み方に関する注意点をしておきたいと思います。あなたもこれでよりいっそう安全に体内に入れることができるでしょう。

副作用は全然ありえる

カプセルと錠剤

人によっては、たとえセレコキシブでも副作用が生じてしまうことになります。あなたも副作用には十分気をつけてもらいたいと思っていますので、ここで副作用に関する話もしておきましょう。

入手方法について

薬を飲もうとしている手元

セレコキシブの魅力を知ったら、すぐに欲しいという気持ちになると思います。こちらの記事では普通の入手経路から、とても便利な入手経路まで紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。そしてあなたも痛みを治していきましょう。

安全性に優れた薬です

たくさんの薬

多くの病院で痛み止めとして処方されるのが、「セレコックス」というものになります。
ちなみに痛み止めといえば他にも「ロキソニン」と呼ばれるものがありますが、具体的にセレコックスとどのような違いがあるのか?

このふたつは主に目的としてはまったく同じですが、実は含まれている成分から色々と違いがあったりします。
たとえばロキソニンもセレコックスも主に「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれるものですが、ロキソニンはロキソプロフェンと呼ばれる主成分でできています。
体内の痛みなどを起こさせる物質「プロスタグランジン」が作られる「シクロオキシゲナーゼ」を阻害することができ、炎症や痛みといった症状を抑えることに成功します。

対するセレコックスについてですが、こちらは主成分が「セレコキシブ」になります。
セレコキシブはロキソニンなど非ステロイド性抗炎症薬から起こってしまう胃を荒らす副作用を改善するために作られたものです。

まずシクロオキシゲナーゼには厳密にいうと「COX-1」と「COX-2」という種類があり、前者の方は胃粘膜を保護してくれて後者の方は炎症や痛みを発生させます。
つまりCOX-1も一緒に阻害してしまうことでその効果が失われ、胃が荒れてしまうことがあるわけです。
そういった状態を回避するために、セレコキシブという成分がとても役に立ちます。
セレコキシブがあるおかげで炎症や痛みが抑えられるので、セレコックスは非常に優秀な痛み止めだといえるでしょう。

だからどちらかといえばロキソニンよりもセレコキシブが含まれるセレコックスの方が圧倒的に安全に使える痛み止めです。

薬のイメージ

topic list

「副作用が少ない!痛み止めは主成分セレコキシブのものを!」のトピックリストです。